活性酸素とは 簡単に説明

活性酸素とは?簡単に説明するとこうなる!

活性酸素とは 簡単に説明

 

最近は、活性酸素という言葉が健康や美容に関するテレビなどにもよく出てきます。
活性酸素は、体に悪い物質ということはよく言われますが、
そもそも活性酸素とは、何なのかをご紹介します。

 

活性酸素は、名前の通り活性つまり活発な酸素のことです。

 

本来、活性酸素は人間の体に必要なものなんです。
活性酸素は、体内に侵入した細菌などを退治してくれる役割を持っています。

 

また、呼吸によって取り込まれた酸素は体の代謝を促進します。
その代謝の途中で活性酸素が発生します。

 

一方で、活性酸素は体に悪い影響を及ぼす悪者としてのイメージがあります。

 

活性酸素は、適量なら細胞を保護し、外敵から守ってくれます。
しかし、量が増えて酸化させる力が強すぎると体をサビつかせて、
シミやシワ、物忘れなど老化現象を招く原因となります。

 

錆びた鉄

 

錆びるという言葉を聞くと鉄などの金属をイメージしますよね。
活性酸素も同じで、実は私たちの身体も酸化すると細胞の老化が
始まり、体内の組織が衰えていってしまうのです。

 

活性酸素を簡単に説明すると、生きていくには必要不可欠なものですが、
増えすぎると身体の老化を速めてしまうもの、ということになります。

 

活性酸素が増える原因には、激しい運動、強いストレス、喫煙、食生活の乱れ
などがあるので、これから気を付けたいと思います。

 

こちらも参考に!⇒加齢臭と疲労臭の3つの違いとは?

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸