皮脂欠乏性湿疹 治療法

皮脂欠乏性湿疹の治療法

皮脂欠乏性湿疹 治療法

 

寒い季節がやってくると、気なるのが皮膚の乾燥です。

 

湯船に浸かったり、ベットに入ると足や手が急にかゆくなり、
かゆみが止まらくなることがあります。、

 

お肌が乾燥するとかゆくてつらいですね。
皮膚をよくみると、カサカサ、ごわごわで
魚の鱗のようになって、しかも白い粉が付いていることがあります。

 

このような皮膚の状態を皮脂欠乏症や乾皮症といいます。

 

原因は空気や皮膚の乾燥です。

 

治療をしないでいると、
かゆみで爪で引っ掻き、傷となりばい菌が皮膚に入ってジュクジュクと膿んできます。
赤いブツブツができたり水ぶくれができることもあります。

 

こんな感じでお肌が乾燥してかゆくなり赤いブツブツができた状態を
皮脂欠乏性湿疹といいます。

 

この記事では皮脂欠乏性湿疹の治療法について解説します。

 

 

皮脂欠乏性湿疹の治療法は?

 

保湿クリーム

 

皮脂欠乏性湿疹の治療法は、
病気になったばかりなら市販の保湿クリームで肌をうるおわせるだけでOKです。
先ほども申しましたが皮脂欠乏性湿疹は最初はお肌の乾燥が原因です。

 

だから保湿クリームでお肌をうるおわせれば
乾燥を防ぐことができ、症状が改善されるわけです。

 

もし赤いブツブツができて、
しかもかゆみがひどい皮脂欠乏性湿疹の場合は保湿クリームと
抗炎症作用のあるステロイドの入った抗生物質の軟膏で治療
します。

 

皮脂欠乏性湿疹

 

ステロイドの軟膏はかゆみを抑える作用があります。
皮脂欠乏性湿疹といった赤いブツブツができて膿んでいる原因は
かゆくて、お肌をボリボリかいて菌を患部にくっつけているためです。

 

だからステロイドの軟膏でかゆみを抑えて
お肌をボリボリとかかなくすればよいのです。

 

しかもばい菌をやっつける抗生物質も一緒に入っています。
だからばい菌も駆除でき、症状が改善されてきます。

 

皮脂欠乏性湿疹はお肌についている脂である皮脂が不足して起こります。
逆に皮脂が過剰すぎると、周りの人から嫌われてしまいます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

こちらも参考に!⇒詳細はコチラ

 

スポンサードリンク

関連ページ

皮脂欠乏性湿疹の症状は?
皮脂欠乏性湿疹の症状についてわかりやすく解説しました。
夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるの?
夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因とは?
顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸