皮脂欠乏性湿疹 夏

夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるの?

皮脂欠乏性湿疹 夏

 

お肌が乾燥していると痒みが出てきてイライラします。
特に冬場は空気が乾燥するので、余計にお肌が乾燥してかゆいです。

 

肌が乾燥して痒いからといってボリボリかきむしっていると
赤いブツブツができて、ひどいと膿んでききます。

 

そして膿みの臭いが漂ってくることもあります。
そんな感じでお肌の皮脂が不足して乾燥し痒みが出て
赤いブツブツができてくる病気を皮脂欠乏性湿疹といいます。

 

乾燥する季節と言えば先ほども申しましたが冬です。
ですが夏なのにお肌が乾燥して皮脂欠乏性湿疹を起こすことがあります。

 

夏に皮脂欠乏性湿疹を起こす原因は何でしょうか?

 

 

夏に皮脂欠乏性湿疹を起こす原因とは?

 

エアコンによる乾燥

 

夏に皮脂欠乏性湿疹を起こす原因はエアコンです。
夏場はエアコンや扇風機の風に当たりすぎて乾燥しがちになります。

 

また夏は当たり前ですが暑いです。

 

暑いので薄着になります。するとお肌が露出することになるわけです。
肌を守ることが出来ません。紫外線の影響もモロに受けてしまいます。

 

しかも夏は汗をかきます。
汗をかくのでシャワーや顔を洗う回数が増えてしまいます。
皮膚の洗いすぎなどでお肌についている皮脂が失われてしまいます。

 

紫外線

 

このような理由から
夏でも皮脂欠乏性湿疹を起こすことがめずらしくありません。

 

夏場でも肌が乾燥していると感じたら早めに対処してください。
ワセリン、油分、グリセリンなどが含まれた保湿剤を使用しましょう。

 

うるおいのある美しい肌を保つことができ皮脂欠乏性湿疹の予防になります。

 

続いて皮脂欠乏性湿疹の症状を具体的に解説します。

 

こちらも参考に!⇒皮脂欠乏性湿疹の症状は?

 

夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

皮脂欠乏性湿疹の治療法
皮脂欠乏性湿疹の治療法についてわかりやすく解説しました。
皮脂欠乏性湿疹の症状は?
皮脂欠乏性湿疹の症状についてわかりやすく解説しました。
顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因とは?
顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸