皮脂欠乏性湿疹 顔面

顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因とは?

皮脂欠乏性湿疹 顔面

 

顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因って何でしょう?

 

そもそも皮脂欠乏性湿疹とはお肌の水分量が少なくなってしまい
潤いがなくなり、カサカサしてしまうことをいいます。

 

皮脂欠乏性湿疹を乾皮症(かんぴしょう)と呼ぶこともあります。

 

 

皮脂欠乏性湿疹が顔面にできる原因

 

なぜ顔面に皮脂欠乏性湿疹ができるの

 

皮脂欠乏性湿疹は全身にできる可能性があります。
なのにどうして顔面にできてしまうことがあるのでしょう?

 

顔を洗いすぎている可能性

 

洗顔

 

皮脂欠乏性湿疹はお肌が乾燥して起こります。
顔を洗うときに使う洗顔料は顔の脂分を落とします。

 

もし顔を毎日何回もゴシゴシ洗ってしまうと
かえって顔の脂分が不足してしまい
顔面に皮脂欠乏性湿疹を起こすことがある
んです。

 

思春期の方だと、顔の脂分が豊富なのでそう簡単に
皮脂欠乏性湿疹ができません。

 

ですが、30代以上になると顔の脂分が徐々に減ってきます。
顔の洗い過ぎには十分注意しましょう。

 

化粧の影響

 

化粧

 

男性が化粧をすることは少ないです。
ですが女性は毎日化粧をします。

 

たとえば乾燥肌の女性が皮膚の脂分を抑えるような化粧を使っていると
乾燥肌がひどくなってしまいます。

 

その結果、顔面に皮脂欠乏性湿疹ができてしまうわけです。

 

最後にまとめますと顔面に皮脂欠乏性湿疹ができる原因は
  • 顔の洗い過ぎで皮脂が不足している
  • 乾燥肌なのに脂分を抑える化粧を使っている

 

です。

 

心当たりがないか?確認してみてくださいね。

 

あと、皮脂欠乏性湿疹は空気が乾燥する秋から冬にかけて起こりやすいです。
なので、秋や冬は特に洗顔や化粧に気をつけるようにしましょう。

 

こちらも参考に!⇒皮脂欠乏性皮膚炎の治療法

 

スポンサードリンク

関連ページ

皮脂欠乏性湿疹の治療法
皮脂欠乏性湿疹の治療法についてわかりやすく解説しました。
皮脂欠乏性湿疹の症状は?
皮脂欠乏性湿疹の症状についてわかりやすく解説しました。
夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるの?
夏に皮脂欠乏性湿疹になることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸