加齢臭 原因 日焼け

日焼けは加齢臭の原因になってしまいますか?

昔ガングロという言葉が流行りました。

 

ガングロ女性

 

(画像はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%ADより引用)

 

ガングロとは日焼けサロンに行ったりして真っ黒になるまで日焼けをする人たちのことです。

 

若いうちはガングロになるまで日焼けをしても
健康上問題ないのかもしれません。

 

ですが、40代をすぎた男性が日焼けをすると
加齢臭の原因になってしまう可能性があるのです。

 

そういった意味では日焼けに注意した方がよいでしょう。

 

 

なぜ日焼けは加齢臭の原因になってしまうのでしょう?

 

医師

加齢臭の原因は皮脂という脂が酸化することです。

 

皮脂の酸化に関係しているのが過酸化脂質と言いますが、
過酸化脂質は活性酸素の影響で増えます。

 

「活性酸素?」とよくわからない言葉かもしれません。

 

ですが、活性酸素って体の細胞を傷つけ老化やガンの原因になる恐ろしい物質です。

 

 

活性酸素は日焼けをすると増えます。
日焼けは紫外線に当たるとでできますが
紫外線を浴びることで活性酸素が増えるのです。

 

つまり、

 

日焼けサロンに行ったり海に行って日焼けをする

 

↓ ↓ ↓

 

紫外線に体が当たる

 

↓ ↓ ↓

 

活性酸素が増える

 

↓ ↓ ↓

 

過酸化脂質が増える

 

↓ ↓ ↓

 

加齢臭がひどくなる

 

ということです。

 

 

したがって、加齢臭が気になる方は
あえて日焼けをしないように気をつけましょう。

 

どうしても付き合いで海に行く場合には
日焼け止め対策は十分に講じるようにしてください。

 

 

あと、皮脂が気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

 

↓ ↓ ↓

 

皮脂の分泌を減らす2つの方法とは?

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸