加齢臭 睡眠

なぜ睡眠不足は加齢臭が悪化する原因になるの?

「夜遅くまで残業が続いて十分な睡眠がとれない」

 

「人間関係にイライラしてしまい夜寝れない」

 

などが原因で睡眠不足の方が多いです。

 

睡眠不足

 

睡眠不足は加齢臭が悪化する原因。

 

だから、人間関係がギスギスしてつらかったり
残業の疲れでつらいのに
さらに睡眠不足になり加齢臭がひどくなってしまうのです。

 

 

なぜ睡眠不足は加齢臭がひどくなる原因になるのでしょう?

 

医師

そもそも加齢臭の原因はノネナールという臭い物質が増えるためです。ノネナールは活性酸素が増えると発生します。

 

で、睡眠不足は活性酸素が増える原因なのです。
それだけでなく、睡眠不足を引き起こすストレスも活性酸素が増える原因になります。

 

さらに、活性酸素って加齢臭を悪化させるだけではありません。

 

活性酸素はシミやしわの原因になりますし
ガンや老化の原因にもなります。

 

そういった意味では睡眠不足にならないように
残業で夜寝れない方はお昼の休憩時間に20分でも過眠をとるとか
人間関係でギスギスして睡眠不足の方は、心療内科に行って睡眠薬を処方してもらうなど対策をした方がよいでしょう。

 

 

あと早朝覚醒といって
朝4時など、早朝に目が覚めたと思うと、その後目をつむっても寝れない方はうつ病の予備軍です。

 

単純に忙しくて寝れないのではなく、
早朝に目が覚めてしまう睡眠不足タイプの方も
心療内科に行くようにしましょう。

 

睡眠不足で加齢臭がひどくなるだけではすみません。

 

症状がひどくなると、早朝覚醒だけど
ベッドから起き上がれず無断欠勤してしまい
会社をクビになってしまうケースもありますから。

 

 

もしあなたが早朝覚醒で悩んでいるようでしたら
こちらの記事を参考にしてください。

 

↓ ↓ ↓

 

つらい早朝覚醒を改善するための3つの対策

 

 

【関連記事】

 

夕方になると加齢臭がひどくなるのはなぜ?

 

 

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸