加齢臭 アルコール

アルコールを飲みすぎると加齢臭がひどくなるメカニズムとは?

いつも上から目線でこき使ってくるイラつく上司。

 

そんな上司の悪口を言いながら同僚と飲むお酒は最高ですね。

 

アルコール

 

ですが、アルコールの飲みすぎは加齢臭を悪化させる可能性があるのをご存知でしょうか?

 

 

となると、

 

上司にこき使われる

 

↓ ↓ ↓

 

ストレスがたまる

 

↓ ↓ ↓

 

アルコールの飲みすぎ

 

↓ ↓ ↓

 

加齢臭がひどくなる

 

↓ ↓ ↓

 

妻や娘、同僚の女性から嫌な顔をされる

 

↓ ↓ ↓

 

ストレスがたまる

 

↓ ↓ ↓

 

アルコールをがぶ飲みする

 

↓ ↓ ↓

 

加齢臭がひどくなる

 

という最悪の連鎖を招いてしまいます。

 

 

ただ、なぜアルコールを飲みすぎると加齢臭がひどくなるのでしょう?
理由がわからないとアルコールを控えようという気になりませんからね。

 

 

アルコールを飲みすぎると加齢臭がひどくなるメカニズム

 

アルコールを飲みすぎると気持ち悪くなってきますね。

 

二日酔い

 

少量のアルコールなら肝臓で分解されて
最後はおしっことして出て行ってくれるのですが・・・

 

アルコールを大量に飲むと
肝臓で処理しきれず、有毒物質のアセトアルデヒドが
体の中に大量に残ります。

 

アセトアルデヒドが多く体に残ると
活性酸素というガンや老化に関係する物質が増えます。

 

で、活性酸素は体の脂肪とくっつくとノネナールという
加齢臭の原因物質に変わるのです。

 

つまり、

 

大量のアルコールを飲む

 

↓ ↓ ↓

 

肝臓で処理しきれずアセトアルデヒドの量が増える

 

↓ ↓ ↓

 

活性酸素の量が増える

 

↓ ↓ ↓

 

加齢臭の原因物質『ノネナール』の量が増える

 

↓ ↓ ↓

 

加齢臭がひどくなる

 

というメカニズムです。

 

 

したがって、お酒はほどほどにしないと
加齢臭がひどくなってしまいます。

 

あと、日常生活でこういったことに気をつけないと
さらに加齢臭がひどくなってしまいます。

 

↓ ↓ ↓

 

続きはコチラ

 

ぜひご覧ください。

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸