体臭 改善 飲酒

飲酒をやめればきつい体臭を改善できるの?

飲酒をやめればきつい体臭を改善できるのでしょうか。
深酒した翌日は何となく体臭に変化がある気がします。

 

妻との深酒

 

表現の方法は難しいですが、良い匂いでは決してありません。

 

お酒にも色々種類がありますが、
どのお酒にも共通していること、「アルコール」です。

 

この「アルコール」がカラダに入り、身体から抜けないことにより、
体臭や加齢臭として、不快な感じを与えています。

 

 

 

楽しく美味しく飲んだ「アルコール」が、
どうしてこのような悪さをするのでしょうか。

 

医師

アルコール成分が、

小腸の辺りで酸っぱい臭いの成分に変化するようです。

 

ビールなどは利尿作用が活発になり、
素早くアルコールが体外に排出されることになります。

 

尿で排出できなかったアルコールは、、酸っぱい成分に変化し、
毛穴を通して、また口臭として、嫌な臭いをまき散らしている訳です。

 

またアルコールを飲むと、体温が高くなり、
新陳代謝が活発になります。汗が出やすくなります。
汗は細菌やバクテリアの美味しいエサとなります。

 

臭いの原因となり、体臭や加齢臭がより強くなるわけです。

 

以上の理由から、アルコール摂取は体臭や加齢臭を強くしています。

 

臭いが気になり改善したいとお考えの人は飲酒をやめることです。
それがどうしても無理な人はアルコールの飲む量を控えめにし深酒はやめましょう。

 

翌日に残らない程度に、自分で調整し心掛けるようにしましょう。
トイレは我慢しないで、どんどん排出しましょう。

 

あと、タバコは加齢臭をひどくさせるでしょうか?

 

↓ ↓ ↓

 

タバコは加齢臭の原因になるの?

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸