加齢臭 洗顔

加齢臭が解消する究極の洗顔法とは?

お父さん、油の腐ったような臭いがする!
と娘さんや奥さんから嫌な顔をされたことはないですか?

 

妻に嫌な顔をされるシーン

 

40歳を過ぎたあたりからキツくなる臭いを加齢臭といいます。
加齢臭の原因は皮脂が酸化することでできるノネナールという物質です。

 

皮脂は特に顔や耳の後ろに多く存在しています。
ですから、加齢臭を解消するためには洗顔が重要です。

 

ただ、洗顔のやり方を間違えるとかえって皮脂が多く分泌されてしまい
加齢臭が悪化してしまう危険性があります

 

そこでこの記事では加齢臭を解消する究極の洗顔法について
解説させて頂きます。

 

この記事を読んでいただければ加齢臭が改善し
娘さんや奥さんから嫌な顔をされなくなることでしょう。

 

 

加齢臭を解消する洗顔法

 

洗顔

 

まず手をしっかり洗うこと

 

手にはばい菌がたくさんついています。
汚れた手で顔を洗うと、洗顔後に出て来る皮脂に
ばい菌がつき、お肌が荒れる原因になります。

 

したがって、手はしっかりと石鹸を使ってキレイにしましょう。

 

 

洗顔料をブクブク泡立てる

 

 

手のひらに洗顔料を適量つけ、そしてお湯を足してください。
それから両手でゴシゴシしながら洗顔料をブクブク泡立ててください。

 

この泡こそが毛穴に詰まった皮脂を落とし
加齢臭やニキビを防ぐことにつながります。

 

 

顔をゴシゴシせず優しく洗う

 

先ほど泡立てた洗顔料を使って優しく顔をなでるように
洗ってください。

 

さらに目や鼻に関しては円を描くように丁寧に優しく洗いましょう。

 

注意点としてはゴシゴシ洗わないことです。
その後いっぱい皮脂が噴出してきて
加齢臭やニキビが悪化する原因になりますから。

 

ぬるいお湯で優しく洗顔料を落としましょう

 

ぬるま湯で顔についた洗顔料の泡を優しく洗い落としてください。

 

 

洗濯した後の綺麗なタオルで顔をふく

 

汚い使った後のタオルはダメです。
ばい菌が顔にくっついてお肌が荒れる原因になりますから。

 

 

以上、ぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事では洗顔の方法について解説しました。

 

あと顔の皮脂を減らす方法を実践すれば
さらに加齢臭対策になり、奥さんや娘さんから嫌味を言われなくなりますよ。

 

↓ ↓ ↓

 

皮脂の分泌を減らす2つの方法とは?

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸