加齢臭 洗い方 改善

加齢臭改善のための正しい洗い方とは?

娘さんから「お父さん、加齢臭がきついんだけど
と顔を背けて手で「向こうに行って!」のサインを送られた・・・

 

加齢臭

 

そんなことを言われたら、何とかして加齢臭対策をして臭いを改善させたいものですね。
加齢臭対策には体を正しい方法で洗うことが重要です。

 

加齢臭は体全体から万遍なく出ているわけではありません。
つまり、体の特定の部分から強く加齢臭が出ているので
メリハリをつけた洗い方が重要なのです。

 

  • 加齢臭がより強く出る体の部位は?
  • 頭皮
  • 額や鼻のあたり
  • 耳の後ろ
  • オッパイの辺り
  • 脇の下
  • 陰部
  • へそ周辺

 

が特に加齢臭のきつくなる部分です。

 

だからこれらの部分をこれから説明する洗い方を意識的に行うことが重要です。

 

加齢臭対策としての正しい洗い方とは?

 

力を入れて洗うのはNG!

 

加齢臭は皮脂が酸化したりばい菌が繁殖したりして
ノネナールという物質ができることが原因です。
ノネナールそのものが加齢臭の臭い物質ということです。

 

だから皮脂を洗い落とすために必死で力を入れてゴシゴシ洗ってしまいがち。

 

でも皮脂を完全に洗い落とすと、その情報は脳に伝わります。
そして「あれ?皮脂がなくなったな。じゃ、もっと出すか!」
脳がお肌に指令して以前より皮脂の量を増やしてしまうのです。

 

皮脂は別に加齢臭に変わるのを待っているわけではありません。
お肌を守る役割があるのです。

 

だから、お肌から皮脂が完全に消えるのは体にとってもよくありません。

 

間違った洗い方

 

そういった意味でも、加齢臭が出やすい部分を洗う時であっても
力を入れてゴシゴシ洗う必要はありません。

 

加齢臭が出やすい部分に意識を集中する

 

先ほども申しましたが、加齢臭が出やすい部分は決まっています。
その部分を確実に洗うように意識しましょう。

 

石鹸の泡で優しく汚れを落としましょう

 

加齢臭の原因は皮脂の酸化とばい菌です。ばい菌は石鹸の泡で殺菌できます。

 

石鹸を泡立てる

 

だから、石鹸で体を洗う時にはしっかりと泡立ててください。
加齢臭がきつくなりやすい部分に泡を使って汚れを落とすように心がけましょう。

 

石鹸はどこの石鹸でも殺菌力が同じではありません。

 

また泡がばい菌をやっつける効果があるとお話ししました。
強力に泡立てるには石鹸をネットに入れる必要があります。

 

ただ、ネットってどこにでも売っているわけではありません。

 

殺菌力が高く、しかも専用のネットがついている
こちらの加齢臭対策用の石鹸がおすすめです。
加齢臭を改善できるおすすめの石鹸は?

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸