ノネナール 耳

耳からノネナールの臭いを強く感じる原因とは?

ノネナール 耳

 

どれだけイケメンでも油が腐ったような加齢臭が漂っていたら
女性に嫌われてしまいます。

 

加齢臭の原因はノネナールという物質です。
加齢にともなって発生するニオイの原因物質ノネナールは、
耳の後ろから強く臭ってきています。

 

中年以降の男女にみられる特有の体臭、加齢臭やおやじ臭。
高齢者が嫌われる原因の1つです。

 

30代以降から汗の中に皮脂の量が増えてきます。
顔が油でギトギトしているのは皮脂の影響です。

 

顔がギトギトになる皮膚は空気に触れると酸化します。
食用の油も空気に長時間さらしていると臭くなってきます。
食用油が臭くなる原因も酸化です。

 

顔の皮脂も酸化すると体臭成分であるノネナールに変わり
加齢臭がきつくなってきます。

 

疑問に感じる女性

 

「じゃ、どうして耳から加齢臭がするの?」
と疑問に感じている方もいるかもしれません。

 

臭いの元は皮脂腺から出る皮脂が原因です。
皮脂は体のどこからでも分泌されます。

 

なのでノネナールは耳だけでなく脇の下も陰部もどこからでも臭うはずです。
最も加齢臭が発生する場所は胸まわりです。
次に脇の下や耳の後ろから首筋で眉毛と鼻の周りもノネナールによる加齢臭は出ています。

 

胸や脇、顔の汗はハンカチなどですぐ拭うことが出来ます。
また体臭として受け止めてしまいがちです。

 

しかし耳の後ろは、わざわざ汗や皮脂をふき取ったりしません。
体を洗う時も耳の後ろを洗わないという男性の方が多いです。

 

ノネナール

 

にもかかわらず加齢臭の原因となる皮脂腺は耳の後ろに多く集まっています。
そして耳の後ろは汗がたまり臭いがこもりやすい場所なのです。
これらの理由からノネナールの臭いは、耳から強く感じるのです。

 

耳の後ろをこすると、古いタンスや枯草、チーズなどの臭いがしませんか。
これは加齢臭のはじまりです。
このように理解さえすれば、加齢臭も怖くありません。
しっかり対策をいたしましょう。

 

最後にまとめますと耳の後ろからノネナール臭がするのは
耳の後ろに皮脂腺が多く集まっているからです。

 

加えて耳の後ろをゴシゴシと洗う男性が少ないこともノネナール臭がきつくなる原因です。
でも、皮脂は全身にありますから、ノネナール臭は全身どこでも発生することを理解しておいてくださいね。

 

こちらも参考に!⇒ノネナール対策になる食事とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

ノネナール対策になる食事とは?
ノネナール対策になる食事についてわかりやすく解説しました。
ノネナールってどんな臭い?
ノネナールってどんな臭いがするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
ノネナールは何が分解されてできるの?
ノネナールは何が分解されてできるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
ノネナールを除去する方法
ノネナールを除去する方法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸