納豆 テストステロン

納豆はテストステロンの量を減らす食べ物?

納豆

 

「納豆を食べるとテストステロンの量を減らすことができるんじゃないか?」
と思ってこの記事をご覧になっているかもしれません。

 

結論としては納豆でテストステロンの量を減らすわけではありません。

 

ただ、納豆によってテストステロンよりも
強力なジヒドロテストステロンの働きを抑えることができます。

 

そういった意味では、思った以上に納豆は
男性ホルモンの働きを抑えることにつながるといえるでしょう。

 

納豆は5αリダクターゼの働きを邪魔する作用があります。

 

テストステロンよりも強力なジヒドロテストステロンとは
テストステロンに5αリダクターゼという酵素とくっつくことでできる男性ホルモンの一種です。

 

つまり

 

テストステロン+5αリダクターゼ=ジヒドロテストステロン

 

というわけです。

 

薄毛

 

たとえばジヒドロテストステロンが髪の毛にある、毛母細胞に入っていきます。
そして毛母細胞の細胞分裂を邪魔します。

 

毛母細胞は髪の毛の成長に関係しています。

 

なので、ジヒドロテストステロンによって髪の毛の発育を抑えてしまうわけです。
これが男性型脱毛(AGA)の原因の一つです。

 

先ほど解説しましたが
納豆は5αリダクターゼの働きを邪魔する作用があります。

 

そのため、

 

テストステロン+5αリダクターゼ=ジヒドロテストステロン

 

ですから、納豆によってテストステロンがジヒドロテストステロンになれず
男性ホルモンとしての効力を落とすことができるわけですね。

 

ジヒドロテストステロンは
  • 髪の毛を薄くさせる
  • 胸毛やすね毛を増やす
  • 前立腺肥大
  • 精力を落とす
  • 吹き出物

 

の原因になることがわかっています。

 

ですから、上記のことが気になる方は
納豆を食べることをおすすめします。

 

ちなみに緑茶や紅茶を飲みながら納豆を食べると、
ジヒドロテストステロンの働きを納豆だけより強く抑えることができますよ。

 

こちらも参考に!⇒テストステロンを減らす方法

 

スポンサードリンク

関連ページ

テストステロンを血液検査で調べる意味は?
テストステロンを血液検査で調べる意味についてわかりやすく解説しました。
テストステロンを減らす方法
テストステロンを減らす方法についてわかりやすく解説しました。
テストステロンを増やすには?5つの方法ご紹介
テストステロンを増やすにはどうすればよいのでしょうか?5つの方法ご紹介しつつ解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸