テストステロンを増やすには

テストステロンを増やすには?5つの方法ご紹介

テストステロンを増やすには

 

テストステロンを増やすにはどうすればよいのでしょう?
この記事ではテストステロンを増やすための5つの方法をご紹介します。

 

テストステロンを増やすには5つの方法がある

 

断酒する

 

禁酒

 

お酒を飲むと酔っぱらって気持ちよくなります。
ですが、アルコールはテストステロンの分泌量を減らしてしまうのです。

 

テストステロンは脳にある視床下部が関係しています。
アルコールは視床下部の機能を落とすからです。

 

ですからお酒を飲まないだけでも
結果的にテストステロンを増やすことにつながります。

 

ネガティブに考えない

 

コーラ

 

たとえば、真夏の炎天下、マラソンで10q完走したとします。
そこで友達がコップに炭酸がたっぷり入ったコーラを
入れてくれたとします。

 

ただ、ジュースはコップに半分しか入っていません。

 

あなたは「おい!コップに半分しかコーラが入っていないよ!」
とネガティブな気持ちになりキレますか?

 

それとも「半分でもコーラが入っていてくれて助かった」
とポジティブにとらえて感謝しますか?

 

どんなことでもそうですが、
同じ出来事でもプラスにポジティブに考えれる人もいれば
ネガティブに考えてしまう人もいます。

 

テストステロンを増やしたいならポジティブにとらえましょう。
アメリカの研究で物事をポジティブにとらえたほうが
テストステロンの分泌量が増えることがわかっているからです。

 

よく寝よう

 

睡眠

 

よく寝るとテストステロンの分泌量が増えます。
特に夜の10時から深夜の2時によく寝るとテストステロンの分泌量が増えます。

 

できれば夜の10時から深夜2時を含めて1日8時間くらい寝るようにしましょう

 

筋肉をつけよう

 

筋トレ

 

筋トレをすることでテストステロンの分泌量が増えます。
ですから毎日腕立て伏せや腹筋をがんばりましょう。

 

食事にこだわる

 

カキ

 

テストステロンは
  • 亜鉛
  • タンパク質
  • 脂肪酸

 

によって増えます。

 

亜鉛は
  • 牡蠣(カキ)
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • チーズ

 

などに含まれています。

 

タンパク質はお肉や魚に多く含まれています。

 

チーズ

 

テストステロンに関係する脂肪酸は
  • オリーブオイル
  • アーモンド
  • チーズ
  • ココナッツオイル

 

などに多く含まれています。

 

ですから上記の食品が入った食べ物を
いっぱい食べるようにしましょう。

 

あとはこちらのサプリメントもおすすめです。

 



 

こちらも参考に!⇒納豆はテストステロンの量を減らす食べ物?

 

スポンサードリンク

関連ページ

テストステロンを血液検査で調べる意味は?
テストステロンを血液検査で調べる意味についてわかりやすく解説しました。
テストステロンを減らす方法
テストステロンを減らす方法についてわかりやすく解説しました。
納豆はテストステロンの量を減らす食べ物?
納豆はテストステロンの量を減らす食べ物についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸