加齢臭 手のひら

手のひらが加齢臭!?原因は何?

手のひらが油の腐ったような臭いがして病気の心配をしたことがないですか?

 

手のひらから加齢臭

 

手のひらを石鹸でゴシゴシ洗うとそのときだけは臭いは消える。
でも、2、3時間くらいで元の油の腐ったような臭いになってしまう。

 

そんな場合に考えられるのが加齢臭です。

 

加齢臭はノネナールという皮脂が酸化したことが原因で
発生する臭いです。

 

つまり、顔や耳の後ろ、脇の下など
皮脂がたまりやすい場所で加齢臭は発生しやすいです。

 

そう記載すると、

 

疑問に感じる男性

「え、でも手のひらが臭いんですよ!?

手のひらに皮脂なんてそんなにつかないですよね・・・」
と疑問に感じてしまうかもしれませんね。

 

そうです。

 

実際に、手のひらに加齢臭が発生しているわけではありません。

 

「じゃ、なんで手のひらに加齢臭がするの?」
とちょっとイライラしてきたことでしょう。

 

手のひらに加齢臭がするのは
耳の後ろや顔など加齢臭が発生している場所を触ったことが原因です。

 

 

つまり、加齢臭がひどい顔を照れくさそうに触ったために
臭いが手のひらに移動したということ。

 

 

そのため手のひらの臭いがして嫌な方は
顔や耳の後ろなど、加齢臭多発ゾーンをしっかりと洗うことをおすすめします。

 

特に耳の後ろ。

 

耳の後ろ

 

耳の後ろって石鹸で洗うことを忘れがちです。
でも、耳の後ろは皮脂がたまりやすく加齢臭が漂いやすい場所です。

 

十分お気をつけください。

 

あと、加齢臭対策をするならお風呂にこういったものを入れるとよいですよ。

 

↓ ↓ ↓

 

続きはコチラ

 

加齢臭の原因になるものを抑えることができますから。

 

 

スポンサードリンク


トップ 目次 加齢臭の原因 加齢臭対策石鹸